各種熱電対線をはじめ、専用コネクターや冷接点補償器など、
熱電対による温度計測に必要な各種用品を取り揃えています。

熱電対(サーモカップル)は、 温度計測のあらゆる分野でもっとも多く使用されている温度センサです。 熱起電力(emf)としてセンサーそれ自身が温度信号を生じるほか、構造がシンプルで丈夫、センサの選択により極低温から超高温まで広範囲の温度測定ができる、規格が世界的に統一されているなど多くのメリットを持ちます。
石川産業ではこれら熱電対線をはじめ、温度計測に必要となる各種コネクター、冷接点補償器、デジタル温度計、極低温用熱電対線及び熱電対センサー、超高速応答熱電対をラインアップしております。

熱電対線
熱電対線
石川産業の各種熱電対線・補償導線は、様々な使用目的への対応がわかりやすいよう、その形状毎に熱電対素線・被覆熱電対線・補償導線・シ-スワイヤ-・特殊熱電対線として分類しております。被覆材には、テフロン・ガラス繊維・セラミック・エナメル・ビニール等をご用意しております。続きを見る
熱電対センサー
熱電対センサー
実際に熱電対を測定現場でセンサ-として使用するためには、測温点となる接合点(温接点)を製作する必要があります。また、通常は、測温点における温度に応じた熱起電力を確実に計測する、または、読取計器に取り込むため専用のコネクタ-を取り付けます。主に高温領域や化学的に特殊な環境で使用されるシ-スタイプ熱電対は特殊な端末処理が必要となる場合があります。続きを見る
コネクター
コネクター
熱電対を使い正確な温度を測定するためには専用の補償導線はもちろん、その接続には同種の金属が必要となります。弊社取り扱いのコネクターは熱電対用のもので、タイプJ・K・T・E の接続ピンには使用熱電対と同じ金属を採用。R・S 及びタングステン/レニウムには、温度補償合金が用いられ、目的に応じて一般用、高温用、小型等各種あります。規格ごとに色別コードが決められており、容易に見分けることができます。 続きを見る
冷接点補償器
冷接点補償器
冷接点補償器は、熱電対により温度計測を行う際に使用します。記載の2機種はいすれも電気式でこれまでの氷を用いるものに比べて取り扱いが容易です。電源にはリチウムイオン電池を使用し長時間安定に動作します。続きを見る
デジタル温度計
デジタル温度計
正確な温度計測をするには複雑な手順のほか、相応の準備や補正等の手聞がかかります。これらの問題を解決するのが熱電対温度計です。熱電対温度計に熱電対を接続するだけで、簡単に正確な温度を計測することが可能。温度の計測のみに対応した低価格機種から、複数の熱電対タイプへのマルチ対応やデータ記録、PC接続機能など多機能な機種まで豊富に取り揃えています。続きを見る
超高速応答熱電対
超高速応答熱電対
熱電対計測としては、非常に高速なマイクロ秒オーダ-の応答速度を誇る同軸タイプのセンサ-です。高速で動くエンジンシリンダ-内壁や砲弾射出温度の計測などの用途に利用されています。続きを見る