A2型全天日射センサ

A2型全天日射センサ

型式:S-180
波長範囲:300~2800nm

感度:7mV/kW・m-2±2%
感部:サーモパイル
測定範囲:0~1.5kW・m-2

備考
気象庁検定品

詳細説明

本器は、地上気象観測法に適合する全天日射を観測する感部です。
気象庁・観測部気象測器検定試験センターの検定が得られます。
水平面に入射する、直達日射および散乱日射の短波放射帯域(波長0.3~2.8µm)を2π立体角にて捉えます。
日射測定スケールは、世界気象機関(MWO)が定めた、世界放射基準(WRR)により、日射量瞬間値の単位:kW・m-2で計測します。
※1. 型式S-180の標準感度定数は 7mV(dc)/kW・m-2
※2. 太陽定数時の感部出力は9.674mV(dc) 太陽定数、1.382kW・m-2 通常は、この値が全天日射量の最大値です。
※3. 日射量積算値の単位:MJ・m-2

特長

全天候下連続観測に適する気密・防水構造です。水平設置が容易にできる水準器・調整ネジ付です。感部内の乾燥剤、点検・交換は簡単にできます。誘導雷・サージ電圧の保護回路付です。
日射感部はサーモパイルセンサーで光学的特性に優れ精度の高い観測ができます。

日射量測定範囲 最大1.5kW・m-2
波長(短波放射) 0.3~2.8(μm)
μm=1000nm
感度(定数) (標準)7mV(dc)/kW・m-2
受光素子 巻線型サーモパイル
応答時間 3.8sec(1/e)
精度 ±2%
抵抗値 350~500Ω
入射角特性 受光面に対し(cosθ)
0~50°/2%、50~70°/4%
温度依存性 -0.05~0.03/℃
温度範囲 -20~+40℃
使用条件 周囲温度 -20~+45℃
保存温度 -35~+65℃
全天候下連続使用
外径・重量 ベース外径、φ140mm
本体高さ、85mm(水平足含まず)
重量 約2kg(ケーブル10m含まず)