ディジタル表示放射強度計

ディジタル表示放射強度計

型式:RS-5R
波長範囲:300~2500nm

感度:3 1/2桁(kW・m-2)

備考
高感度ポータブル

詳細説明

RS-5Rは、日射センサの上位機種と同じ方式の巻線型サーモパイルを採用した普及版放射強度センサS-150とポータブルなデジタル表示器を組み合わせた非常にローコストで構築可能な日射・幅射等の放射強度を正確に計測するためのシステムです。高温環境下での使用に対応した放射強度センサS-150Hと組み合わせたタイプもあります。
RS-5Rは『放射強度センサS-150』+『デジタル表示器RS-5』で構成されております。 RS-5は瞬間値読取のみですが、この他に瞬間値・積算値読取のできる『デジタル表示器RS-5W』と組み合わせたRS-5RWもご用意しております。

用途

  • 太陽エネルギーの測定
  • 赤外線ヒーター、高輝度ランプの照射強度測定
  • 人工光源の全照射エネルギーの測定

特長

小型・軽量。ポータブル式、バッテリー電源、ローコスト。光源に検出器を向けるだけで放射エネルギー強度の測定が出来ます。

測定レンジ
(放射強度)
0.001~1.999kW・m-2
波長範囲 300~2,500nm
(注)特別注文によりカロリー表示、0.001~1.999cal cm-2 min-1 又は
波長範囲280~3,500nmの製作致します。
精度 ±2%(フルスケール)
リニアリティー ±1%
ディジタル表示 1.999, 液晶
時定数 5sec/kW・m-2
電源 6V(DC), 単3(UM3)×4
使用時間 200時間(連続)
センサーケーブル 3m(標準), 10m迄延長可能
環境温度 -10~+80℃(センサー)
0~50℃(計器)
寸法 φ45×65(H)-(センサー)
155(W)×38(H)×92(D)-(計器)
重量 0.5Kg -(センサー)
0.35kg -(計器)